ユニリタ、ソニックスの3軸加速度センサーを使ったIoTデバイスで新しいワークスタイルを提案

May 11, 2017

ユニリタ、ソニックスの3軸加速度センサーを使ったIoTデバイスで新しいワークスタイルを提案
~ “ひっくり返して” クラウド運用、「FlipCast™」と「CloudGear OpsController™」~



株式会社ソニックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉澤 武則、以下ソニックス) と、株式会社ユニリタ(3800:東証JASDAQ、以下ユニリタ)は、ソニックスの汎用型IoTデバイス「FlipCast™」(フリップキャスト)を用いたワークスタイル変革を提案いたします。


第一弾は、ユニリタの提供する「CloudGear OpsController™」(クラウドギア オプスコントローラ)と「FlipCast™」の組合せにより、クラウド制御を簡素化するもので、本サービスを「FlipCast for CloudGear OpsController」(フリップキャスト フォー クラウドギアオプスコントローラ、以下FCCGO)として販売いたします。

FCCGOの利用シーンとしては、出社時は、FCCGOを使ったネームプレートをひっくり返すことで自身の開発環境を起動、ワンアクションでパソコンへのログイン操作を完了して仕事を始めることができ、帰宅時は、ネームプレートをひっくり返して、開発環境の停止や必要なバックアップなどを自動かつ安全に行うことができます(※予め、FCCGOで設定は必要)。

今後は、クラウド運用のみならず、クライアントの制御や、アクセス管理はもとより、IoTデバイスとして稼働状況の監視から、人工知能と組み合わせた、IT運用全体の最適化までを視野に入れたユニークな活用モデルとサービスを展開していくものです。


  

           

★「CloudGear OpsController™」について
仮想マシンの自動起動などのアクションを実行するためのトリガーとして「スケジュール」、「httpsリクエスト」、「業務の先行関係」、「オンデマンド」などを採用しています。これにより、お客様の用途に合わせた柔軟な自動化を可能にするものです。
http://www.unirita.co.jp/products/cloudgear-opscontroller.html


★「FlipCast™」について
FlipCast™は、通信装置を備えたスイッチと傾き(3軸加速度)センサーを組み合わせた、小型かつシンプルで汎用性の高いモジュールを用いたIoTデバイスです。
FCCGOはIoTデバイスで “ダッシュボード” 化した “ダッシュボタン” の発展系として開発されました。「FlipCast™」を用いることにより、エルゴノミクス(人間工学)的なアプローチで、心地よくスムーズな操作性を実現します。心理的ノイズを低減し、疲れづらく、より快適な職場環境作りに貢献します。
https://www.flipcast.jp/

以上

【 資料含むプレスリリースPDFのダウンロードはこちら 】

一覧に戻る