ソニックス、太陽光を利用したIoTデバイス『FlipCast』を発表

March 23, 2017
ソニックス、太陽光を利用したIoTデバイス『FlipCast』を発表
〜「ひっくり返す」小型デバイス+BLE(Bluetooth Low Energy)で、オフィスや工場のコストを削減〜


AIとIoTで思いがけない「できる」を広げるモバイルカンパニー、株式会社ソニックス(代表取締役社長:吉澤 武則、本社:東京都渋谷区)は、太陽光を利用するエナジーハーベスト(環境発電)技術を使った汎用型IoTデバイス、『FlipCast(読み:フリップキャスト)』を開発、本日より法人向けに販売を開始します。


■『FlipCast(読み:フリップキャスト)』概要
『FlipCast』は、通信装置を備えたスイッチと傾きセンサーを組み合わせた、シンプルで汎用性の高いモジュールを用いたIoTデバイスです。

『FlipCast』は、ゼスチャーやモーション(動き)により人の意思を伝えます。

直感的に操作できるだけでなく、使用するたびに気持ちのよさや楽しさが感じられる「経験価値」と、デザイン性の高いIoTデバイスです。

■『FlipCast』の用途
『FlipCast』は、「ひっくり返す」ことにより、オン/オフ、必要/不要、在席/不在(外出中)などの情報を、ほぼリアルタイムで伝達します。

たとえば大企業の社内で「席にいます/離席中」、総務宛てに「在庫あります/在庫ありません(補充お願いします)」また、百貨店における更衣室で「空いてます/空いていません」、 物流企業で「集荷あります/ありません」など、多様な意思や情報を共有することが可能です。

これにより、大/中規模企業の1)見えないコストの削減(上司に相談に行ったがいなかったなど、時間の無駄遣いによるコスト)、2) 社内コミュニケーションの活性化による、迅速な意思決定の支援、3) オペレーションの潤滑化(命令とは異なる摩擦の少ない依頼)など、多様な現場で作業の効率が向上します。

ソニックスは今後も、AIとIoTで思いがけない「できる」を広げてまいります。          
以上

一覧に戻る